*All archives* |  *Admin*

2017/04
<<03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
桜の精が見せた夢 ≪1話≫
4月になったばかりの金曜日の夜

俺は友達の山下と一緒に、上野公園の夜桜を見に出掛けた。

深夜2時を過ぎた公園は人も疎らで、俺達が仕事の話や会社の上司の愚痴などを零しながらゆっくりと歩いていると、大きな桜の木の下に一人佇む女性を見つけた。

「なぁ あの女の人泣いてないか?」

山下の言葉で女性の方を振り向くと、そこには見覚えのある顔が・・・。

「・・・広海さん?」

「お前知ってんの?」

「中学の時の家庭教師」

「・・・お前の初恋の?」

「お前そんな事よく覚えてんな」

山下の言葉に苦笑いをしながら俺は彼女に近づいた。

「広海さん」

驚いた彼女は俺の顔を見て涙を拭きながら、ちょっと怪訝そうな表情を見せた。

「俺だよ、和也。憶えてない?」

「和也・・・くん?」

「俺が中3の時、広海さんに家庭教師してもらってた、亀梨和也」

「えっ あの和也くん?」

驚いて俺の顔を見上げる広海さんの潤んだ瞳に嘘のようにキレイな満月が映りこみ、俺は息を呑みながら彼女に問い掛けた。

「こんな時間にどうしたの?」

俺の言葉に黙り込む彼女。

すると山下が「俺、今日は帰るわ」そう言って俺の肩を優しく叩いた。

「俺がいない方がいいだろ。彼女の話ゆっくり聞いてやれよ」

カッコ付けらしい爽やかな笑顔を見せ、右手をジーンズのポケットに突っ込み左手を軽く上げる山下。

「おぅ またな」

俺は軽く手を上げて答えると、俯いている彼女の顔を覗き込んだ。

「広海さん ちょっとベンチに座らない?」

指差した先にあるベンチに俺が腰を下ろすと、彼女はゆっくりと歩み寄り「和也くん大人になったね」と呟いた。

「俺もう24歳だよ。いつまでも子供のままじゃないよ」

「そっか・・・あたしも年取っちゃうわけだ」

「広海さんは31・・・だったかな?」

「良く憶えてるのね。・・・あたしおばちゃんになった?」

「そんな事ないよ。だって俺一目で広海さんだって気が付いたもん」

「うふふっ・・・お世辞でも嬉しい」

彼女はそう言って、また涙を浮かべて悲しそうに微笑んだ。

「ごめん。久しぶりに会ったのに・・・。和也くん困るよね。
ホントごめんね」

「大丈夫だよ。俺でいいんなら話聞くし、話したくないなら話さなくていい。
泣きたい時は泣いたらいいんだよ」

「もう・・・ホントにあの和也くんなの?
なんだか大人になってて、違う人みたい」

「違う人か・・・そうかもしれないね。
俺だってあれから色んな事経験して来たから、広海さんの知らない俺になってるのかもしれない。
今ならあの頃の俺には出来なかった事も出来るかな」

「出来なかったこと?」

「俺、あの頃広海さんの事好きだったんだ。
だけど15歳の俺には、それを伝える勇気がなかった。
7歳も年上のあなたにバカにされるのが怖かったんだ」

「バカになんて・・・」

「広海さんは俺の初恋だよ。だからあなたには幸せになって欲しい。
その為に出来る事なら俺、なんだってするよ」

「・・・和也くん」

「ねぇ その涙の訳を教えてくれない?」

俺の問い掛けに小さく頷くと、彼女はぽつりぽつりと言葉を選びながら話し始めた。

学生時代から付き合っていた彼と結婚して8年。

子宝に恵まれることはなかったけれど、大切にされていると思っていた。

しかし愛し合っていると思っていたのは自分だけで、本当はそうじゃなかったと・・・。

彼は数年前から浮気をしていたらしく、その相手が妊娠したから別れて欲しいと告げられて動揺した彼女は家を飛び出し、毎年二人で来ていた桜を見に来たのだと呟いた。

「ホントはね感じてたんだ。
彼にとって、あたしが女じゃなくなってるんじゃないかって・・・。
家族として大切に思っているけど、女として必要とされてないって。
でもそれを認めるのが怖かった。
だから彼の浮気に気付かないフリをしていたんだと思う」

「旦那さんの浮気に気付いてたの?」

「ハッキリとは分からなかったけど、なんとなくね」

「それで広海さんはどうしたいの?」

「分からない。裏切られたって気持ち強いけど、でも別れる決心はつかないの。
それに・・・一人でやっていく自信ない」

「生活のこととか?」

「新しい一歩踏み出す勇気ないよ。
あたしの事必要としてくれる仕事があるのか・・・とか。
一人で立って歩く方法忘れちゃった」

「すぐに一人で立つ必要ないんじゃない?
広海さんには家族だって、友達だっているだろ?
広海さんは一人じゃないから。必要なら、俺だって力になるよ」

「・・・ありがとう。
あたしまた歩き出せるかな? 幸せ見つけられるかな?」

「大丈夫だよ」

「こんなおばさんでも、新しい恋探せる?」

「だから広海さんはおばさんじゃないって」

「和也くんがそう言ってくれたら、本当のような気がしてきた。
ありがとうね」

「俺は本気で思ってるよ」

そう呟くと俺は彼女の頬に手を伸ばし、そっと唇を重ね合わせた。

驚いた表情の彼女を抱き寄せ「広海さんは今でも魅力的な人だよ」囁くように呟くと、彼女の手が俺の背中をギュッと抱きしめた。

「和也くん・・・お願いがあるの」

「いいよ。何?」

「あたしの事、嫌ったりしない?」

「何だよ、急に。お願いって何?」

「・・・抱いて欲しいの」

「えっ?」

彼女の言葉に驚き体を離すと、広海さんは俯きながら「自分が女なんだって思い出したいの。女性としての自信取戻したい。こんなこと言ったら軽蔑されちゃうかな?」って呟いた。

そんな彼女を俺はまた抱きしめる。

「そんな事ないよ。俺は大歓迎。
それで広海さんが自信取戻せるんなら、喜んで」

「・・・ごめん」

微かに震える声で謝る彼女を、俺はギュッと強く抱きしめた。


つづく・・・


スポンサーサイト
桜の精が見せた夢 ≪2話≫
俯き黙ったまま歩く彼女の手を握り、俺はホテル街を奥へと進んだ。

眩いネオンの看板の下を潜り抜け、適当に選んだ部屋のボタンを押しエレベーターに乗り込むと緊張を隠せない彼女の肩を俺はゆっくりと抱き寄せた。

「大丈夫?」

黙ったままコクンと頷く彼女。

部屋に入ると俺はすぐにバスタブにお湯を張り、高鳴る心臓の音を隠すように彼女に明るく問いかけた。

「ねぇ 広海さん。一緒にフロ入らない?」

「えっ?」

思いも寄らなかったのか、彼女はちょっと間の抜けた声を上げた。

「俺も広海さんも緊張し過ぎで、ちょっと笑える。
だから一緒にお風呂入って、リラックスしようよ」

「恥ずかしいから、いいよ」

「恥ずかしいなら電気点けなければいい。ダメ・・・かな?」

わざと甘えるように彼女の顔を覗き込むと、広海さんは顔を赤くして小さく頷いた。

「よし、じゃあ俺先入ってるね」

そう言って俺は一人脱衣所に向かい、大きな鏡の前で自分の頬をパチンと叩いた。

【情けねぇ・・・俺は15歳のガキかよ。
あの頃の俺とは違うんだ。しっかりしろよ】

微かに震える手をギュッと握り締めると、着ている服を一気に脱ぎ捨て俺はお風呂場のドアを開けた。

本当ならそのまま彼女をベッドに押し倒したかった。

だけど俺はギリギリのところで彼女に考える時間を与えた。

俺が先にフロに入った後、彼女はきっと先に進むか、後戻りするか考えるだろう。

もしかしたら、このまま部屋を出て行ってしまうかもしれない。

でも、それならそれで構わない。

一時の感情で俺と体を重ねてしまえば、彼女の心にもっと深い傷を残してしまう。

だから、今一度彼女に考えて欲しかった。

でももし彼女がこのドアを開けて入ってきたら、俺はもう自分の気持ちを抑えることは出来ないだろう。

ずっと、ずっと憧れていた人に触れられるのだから、絶対に後戻りなんてさせはしない。

キレイに体を洗い湯船に浸かって只管彼女が入ってくるの祈るような気持ちで待っていると、カチャリと音を立ててドアがゆっくりと開いた。

バスタブにもたれ掛かっていた体を起こしドアに目をやると「お願い、こっち見ないで」彼女が小さな声で囁いた。

照明が消され真っ暗になった浴室に、ヒタヒタと云う足音が聞こえる。

キュキュッ・・・シャーッ・・・

蛇口を捻りシャワーが勢い良く流れる音が聞こえると、俺は深呼吸をした後湯船に顔をつけて潜った。

【これで覚悟は決まった】

「ねぇ 和也くん」

「ん?」

「本当に見えてない?」

「見えてないよ。何となく広海さんが何処にいるかは分かるけど・・・。
その程度だよ」

「そっか・・・良かった」

今から抱き合おうと言うのに、良かったも何もないだろう。

俺はクスッと笑みを漏らせると「広海さん早くこっちおいでよ」と彼女を急かした。

「・・・ぅん」

小さく返事をし立ち上がった彼女のシルエットが白く浮き上がると、俺はごくりと唾を飲み込んだ。

そしてその白い肌は、俺から遠く離れ向かい合わせになるように湯船に体を沈める。

「なんでそっちなの?」

「だって・・・」

言い訳を口にしようとする彼女の腕を掴み力強く引き寄せると、俺は背中から彼女を抱き締め自分の腕の中にいる彼女を確かめた。

【これは夢じゃない】

「広海さん 大丈夫?
後悔・・・しない?」

「・・・ぅん」

「今更イヤだって言われても、無理だけど」

「・・・うん」

彼女はそう応えると、自分の体に回された俺の腕をギュッと掴んだ。

「お風呂入っても、やっぱり緊張すんね」

「うん」

「広海さん さっきから『うん』ばっかり」

「・・・うんっ」

「ほらっまた!」

俺の言葉に彼女は息を漏らして笑い「ホントだね」って呟いた。

「ねぇ 広海さん。俺のお願いも聞いてくれる?」

「何?」

「頭洗ってくれない?」

「頭?」

「うん。広海さんに洗って欲しい」

「和也くん子供みたい」

彼女はくすりと息を零して笑った。

「久しぶりに広海さんに甘えてみたいんだ」

「わかった。いいよ」

彼女の言葉で俺は立ち上がり、暗がりに慣れた目でイスを探して腰掛けた。

「普段もこんな風に彼女に甘えるの?」

背後に立ち俺の頭にシャワーをかけると、シャンプーを手に取り彼女は優しく俺の髪を洗い始めた。

「そんな事しないよ。広海さんだからだよ」

「・・・そっか。何か嬉しいかも」

「それに、今彼女いないし。いくらなんでも彼女いたらココに来ないよ」

「良かった。ホントはちょっと心配だったんだ」

「何が?」

「だってあたしが和也くんに浮気させる訳にいかないじゃない。
あたしと同じ思い、和也くんの彼女にさせられないって・・・思った」

そう呟いた彼女の声は、微かに震えていた。

「それなのに、確かめる事しなかったあたしはずるいね。
和也くんの優しさに甘えて・・・」

「何言ってるの?今甘えてるのは俺の方だよ。
だって、広海さんに髪洗ってもらってるじゃん。俺」

「・・・ばかっ」

小さく呟くと彼女は鼻をすする音を隠すように勢い良くシャワーを出し始め、俺の髪についている泡を優しく、優しく洗い流してくれた。

そしてタオルを手にすると、ワシャワシャと音を立てながら俺の髪を拭く彼女に「昔も同じように髪の毛拭いてもらったことあるの憶えてる?」と問いかけた。

「そうだったかな?」

「大雨で濡れて帰った俺の髪を、広海さんがタオルで拭いてくれたんだ。
あの時からだよ。俺が広海さんを女の人として意識し始めたのは・・・。
それが俺の初恋が始まった瞬間だったんだ」

そう告げると俺は、自分の頭に添えられている彼女の手を掴んで引き寄せた。



この続きは小部屋の住人様限定です

ラストシーンは3話へつづく・・・




桜の精が見せた夢 ≪3話≫
そしてまた、桜の季節が訪れた。

再会してから1年。彼女から連絡が来ることはなかった。

今となってはあの日の出来事は、夢だったのかもしれないとさえ思える。

樹齢300年を超える桜の木の下で見つけた彼女は、儚げで今にも消えてしまいそうだった。

俺が出逢った彼女はあの桜の木の精が見せた夢?

それとも彼女自身が桜の精だったのかもしれない。

9年間ずっと消えることのなかった彼女への思いに気付いた桜の精が、一瞬だけ俺に見せた夢。

きっと、そうに違いない。



週末の夜、山下に誘われ合コンに来ていた俺はひとり盛り上がることなく、チビチビとビールを飲んでいた。

隣に座った女の子はあからさまに俺に好意を表すが、どうもその気になれない。

「和也くん この後二人で抜けない?」

【和也くん呼びかよ】

「いや、この後予定あるからやめとく」

「え~!!!そんなのつまんない」

【いや、お前のことなんてしらねぇし】

彼女の誘いを適当な理由をつけて断った俺は、その場を離れるためにタバコを吸おうと店の外に出た。

「はぁぁ めんどくせぇ」

ポケットから取り出したタバコに火をつけ、ホッと一息吐き出した。

あの女の子だって可愛い子だし、タイプじゃない訳じゃない。

きっと前の俺だったら、そのままホテル・・・なんて事もあっただろう。

でも、今の俺は新しい恋なんて探してない。

俺が見つけたいのは、逢いたいのは広海さんなんだ。

「来るんじゃなかったなぁ」

俺の心の声が勝手に出てしまったのかと思うような言葉に驚き振り向くと「そう思ってねぇ?」山下がそう問いかけてきた。

「俺は・・・別に」

「亀 お前はどうしたいの?新しい恋探す気ないの?
お前が1年以上も彼女作らないの初めてだろ。だから今日だってお前のためにセッティングしたのに・・・」

「は? 俺の為?」

「1年待ったけど連絡ないんだろ?もう忘れろよ」

「別にそんなんじゃ・・・」

「俺に嘘言ってどうすんだよ。
お前は連絡先を書いたメモを渡した。だけど彼女からの連絡はない。
それが答えだろ」

「そんなの分かってるよ」

「そっ、ならいいけど」

山下の言うことは間違ってない。

頭では分かっているのに、心がそれを受け入れられない。

「で、この後どうすんの?」

山下はそう言って店の中を指差した。

「ごめん、帰るわ。ちょっと行きたいとことあるんだ」

俺は山下の誘いを断り、一人深夜の上野公園に行こうと思っていた。

何故だか分からないけど、あの桜の木に呼ばれているようなそんな気がして…。

一年振りに見る桜の木は今年も見事な花を咲かせ、春の風に吹かれてヒラヒラと儚く花びらを零していた。

「お前なんで俺を呼んだんだよ」

そんな事桜の木に問い掛けても答えてくれるはずもない。

それどころか、桜の木が呼んだと思ったのは俺の勝手な思い込み。

ふと見上げるとあの日と同じ様な満月が夜空に浮かび、冷めた顔をして俺を見下ろしている。

樹齢300年の桜の木と満月。

深夜の幻想的な世界で、俺は一人彼女へ思いを馳せた。

「なぁ もう彼女に逢う事出来ないのかなぁ?
・・・頼むよ。
もう一度彼女に逢わせてくれよ。
お前が俺と彼女を逢わせたんだろ?
だったら最後まで責任取れよ」

桜を見上げながらバカな独り言を呟き込み上げてきそうな思いに顔を歪ませた時、微かに木の枝を踏んだようなパキッと云う音が聞こえ俺はゆっくりと振り向いた。

するとそこには月明かりに照らされた桜の木々の中、瞳に涙をいっぱいに溜めた広海さんが立っていた。

「・・・なんで?」

ずっと逢いたかった彼女が突然目の前に現れ、瞬きをすることも忘れて俺は彼女を見つめた。

「分からない。何故だか桜の木に呼ばれているような気がしたの。
ここに来れば、和也くんに会えるような気がした」

「俺に会いに来たの?」

ゆっくりと一歩を踏み出すと彼女の元への歩み寄り、涙を拭う彼女をそっと抱きしめた。

「じゃあどうして連絡くれなかったんだよ。俺、ずっと待ってたんだ。
広海さんから連絡来るの、待ってた」

「ごめんなさい。
あの日家に帰って彼と話し合っている時に、和也くんの連絡先を書いた紙が見つかってしまって、燃やされちゃったの。
まだ携帯に登録もしてなくて、どうすることも出来なかった」

「俺の会社教えたじゃん」

「うん。だから一度逢いに行ったの。
そしたら和也くんが女の子と出て来て、声・・・掛けられなかった」

「俺がどんな思いでこの1年間、広海さんのこと待ってたと思うんだよ」

「あたしも和也くんに逢いたかった。こんな風に抱きしめて欲しかった」

「お願いだから、もう消えないで。
ずっと、ずっと傍にいてよ」

俺の腕の中で彼女は何度も小さく頷き、俺は今抱きしめている彼女が幻じゃないと確かめるようにギュッと強く抱きしめた。




桜の精 お願いだから、二度と彼女を消さないで。
俺から彼女を奪わないで。
さっきは文句言ってごめんな。
もう一度彼女に逢わせてくれてありがとう。




俺達を見下ろすように立っている桜の木に見せ付けるように、俺達は何度も何度も熱いキスを交わした。

10年越しの俺の初恋は、こうして桜の精が見せた夢によって花を咲かせることが出来た。

桜の花のようには、決して散ることのない花を・・・。



おわり



上野公園に樹齢300年の桜の木なんてないよね?

その辺は許してぇ(笑)

コメントに関するお願い
コメントは承認制になっておりますので、承認後に掲載になります。
内容によっては承認しない。削除する事もありますのでご了承ください。

初めてコメントされる方は、必ず簡単な自己紹介と「はじめて」だと言うことをお知らせください。
申し訳ないのですが、分からないこともあるので。

あとギャル文字は解読不可能なのでご遠慮いただきたいです。
ホントに読めないんです。ごめんなさい。

諸事情で隠しコメントは受け付けていませんし、コメレスもしていません。

ごめんなさい


ひらり
プロフィール

   hirari

Author:   hirari
中1の男の子、小3の女の子の母です。

亀ちゃんが好きすぎて息子に呆れられ、旦那に「うざい」と言われたちょっとアホな30代です。

仁亀萌えしておりまして、腐った発言多々あります(笑)。

今後もKAT-TUNと仁、両方を応援していきますのでよろしく!



ひと恋の弘人で亀堕しました。

めっちゃ長い「ひと恋」感想、小説「さがしもの ~弘人と菜緒~」など書いてますので、良かったら読んでやってくだパイ。


** メルマガ発行中 **


  
ジャニーズブログランキング


ポチッとよろしく! (^_-)-☆

最近のコメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
H19.4.29に始めました
カテゴリー一覧表
遊びに来た人
訪問してくれてありがとう
遊びに来てる人
現在の閲覧者数:
こんなのやってます!
お知らせ
「LOST MY WAY」
~果たされた約束~

魂での亀ソロを見て頭の中に浮かんで来たストーリーを小説にしてみました。

切なくて甘いお話です。

良かったら読んでみてください。


-- E N D --
.
.
オリジナル小説
趣味で始めた小説
まだまだ下手くそですが、少しづつ書き続けていくので良かったら読んでください。

「さがしもの 弘人と菜緒」
≪ 全25話+特別編 ≫

「あなたの笑顔 わたしの涙」
≪ 全58話+番外編 ≫

「LOST MY WAY」
≪ 全34話 ≫

  携帯小説
「声を聞かせて…Ⅰ、Ⅱ」 


 ≪携帯小説の感想はこちらに≫
秘密の小部屋(裏小説)
会員限定のお話しです。
パスワードがないと閲覧できないよ!
 
  「秘密の小部屋入り口」

ただいま新しい住人様の受付はお断りさせていただきます。
詩の保管庫
私が日々の生活の中で感じたり, 亀ちゃんの事を思ったりして, 書いた詩です

☆☆亀ちゃん☆☆
 「 幸せですか? 」
 「 夢の中で・・・ 」
 「 傷つかないでね 」
 「 私の隣・・・ 」
 「 きっと 」
 「 あなたの心 」
 「 言葉 」
 「 何もいらない 」
 「 遠い人 」
 「 寂しいね 」
 「 あなたの愛を 」
 「 あなたじゃなきゃ 」
 「 青空 」
 「 好きだから 」
 「 心の中 」
 「 嫌いになりたい 」
 「 会いに行くよ 」
 「 無題 」
 「 ジレンマ 」

☆☆家族☆☆
 「 11年目のラブレター 」
 「 子供の瞳 」
 「 かわいい恋人へ 」

☆☆その他☆☆
 「 泣かないで 」
 「 不思議な友達 」
 「 幸せだね 」

大事なお友達
ご紹介
hirariの木
検索ぷらす
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。