*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
桃が~!!!

昨日録音していた福山さんのラジオ聞きましたよ!

自分をモテないと言う亀

「は? この人は何を言ってるんだ?」と思ったよ

亀がモテない訳ないじゃん!

それは旦那様が守っているから?

俺の嫁に近づくな~!!!!と遠くからでも電波を発し

超強力なバリアを張っているからなのか?

いや、きっと違う・・・・(ちょっとはあるかも 笑)

モテたいオーラを発し、旦那が焦るのを見て楽しんでるんだ

そしてギリギリの所で相手を交わし

旦那のところへ戻って「ごめんね」と可愛く許しを請う

そして、そんな嫁を旦那はお仕置きと称して愛でるのであろう(笑)

小悪魔を嫁にすると大変だね 仁!(笑)





亀に曲や詩を書いた方がいいとアドバイスした福山さん

うん!うん!

亀の書いた詩はいいよ~!

絆もスペハピも良い詩書いてるもん(*^。^*)

ぜひぜひ亀作詞 マシャ作曲で一曲お願いいたしますm(__)m

究極のラブソングなんてどう?・・・もちろん旦那様を思って書いてね(*^^)v

あっ 福山さん・・・可愛いからって亀狙っちゃダメよ(笑)







「 声を聞かせて・・・ 」  第11章 「 君のキス 」 P456~458

  ≪感想はこちらにどうぞ!≫


最終回までのページを確保するために、お話を前に詰めました。

昨日からページ数変わっています。






既にあちこちに出回っているPVの亀半ケツ画像(笑)

ここに載せたいけど、出所が分からない画像なんで一応自粛!

しかし亀は何をやってんの?

何で椅子の下で四つん這い?

しかも半ケツ(笑)

だからパンツ下げ過ぎなんだってば~!!!!

これチェックしてないのかな?

本人気付いてないのか?

旦那様のチェックが甘かったのか?

あっ 実は旦那が後ろにいて誘ってるとか?(笑)

それはシャレにならんな(笑)

とにかく、これを大きな画面で早くチェックしたい!

既にPV見る目的が変わってるし・・・

まさか亀の割れ目ちゃんを拝める日が来るとは思わなかったなぁ

あぁぁぁ 神様に感謝!(爆)




スポンサーサイト



コメントは承認制です
内容によっては削除する事、承認しないこともありますのでご了承ください。
隠しコメントは受け付けていません。
Secret
(非公開コメント受付不可)

  • 恵里
  • 初めましていつも読まさせていただいてます読んでて面白いです。これからも頑張って下さいね。
  • 隠しコメント Tちゃんへ
  •  
    やっとお宝映像確認したよ(笑)
    プリッケツが可愛いくて、可愛くて~!!!
    食べちゃいたいわぁ(≧∇≦)~~*

    旦那はいつもあんな可愛いおしりを愛でてるのね(笑)
    あ~!!!羨ましい!
    ちょっとくらい分けてくれないかなぁ・・・

    やっぱりお兄さんにロックオンされてるかしら?
    いやいや、旦那様も必死に守るでしょう!
    がんばれ仁!(笑)
  • 隠しコメント Mちゃんへ
  •  
    旦那様に怒られてる亀も萌えるよねぇ(笑)
    それを楽しんでるんですかねぇ
    なんて小悪魔なんだ(笑)

    そんな嫁が可愛い旦那 お疲れ様ですm(__)m
  • 恵里さんへ
  •  
    初コメントありがとうございますm(__)m

    あと少しですが最後まで楽しんで貰えると嬉しいです
  • masaちゃんへ
  •  
    あっ タイトルで分かっちゃった?(笑)
    これに食いつかないで、どうするって感じでねぇ(笑)

    ファンへのサービスショット有難いねぇ
    今後もお願いしたいよ(笑)
    メイキングもバカに出来ません!隅々までチェックしなきゃだね


    亀がモテない訳ないんだよ
    でも一途な旦那様がいるから、モテなくていいんだって!
    まぁ 旦那様は気が気じゃないだろうけど(笑)

    亀の作詞 第3弾あるといいね
    超聞きたいよ(≧∇≦)~~*
  • 隠しコメント Rちゃんへ
  •  
    亀の桃尻は確認できたかな?
    旦那様も近くにはいましたが、ぺチッはなかったね(笑)
    美味しそうな桃尻をご堪能あれ~!!!(笑)
  • 隠しコメント Hちゃんへ
  •  
    亀の半ケチュ見れた?
    拝むこと出来た?(笑)
    美味しそうだったでしょ~!!!

    一瞬でも拝ませていただけて、有難いですm(__)m

    あたしも早くan・an連れて帰りたいよ~!!!
    コメントに関するお願い
    コメントは承認制になっておりますので、承認後に掲載になります。
    内容によっては承認しない。削除する事もありますのでご了承ください。

    初めてコメントされる方は、必ず簡単な自己紹介と「はじめて」だと言うことをお知らせください。
    申し訳ないのですが、分からないこともあるので。

    あとギャル文字は解読不可能なのでご遠慮いただきたいです。
    ホントに読めないんです。ごめんなさい。

    諸事情で隠しコメントは受け付けていませんし、コメレスもしていません。

    ごめんなさい


    ひらり
    プロフィール

       hirari

    Author:   hirari
    中1の男の子、小3の女の子の母です。

    亀ちゃんが好きすぎて息子に呆れられ、旦那に「うざい」と言われたちょっとアホな30代です。

    仁亀萌えしておりまして、腐った発言多々あります(笑)。

    今後もKAT-TUNと仁、両方を応援していきますのでよろしく!



    ひと恋の弘人で亀堕しました。

    めっちゃ長い「ひと恋」感想、小説「さがしもの ~弘人と菜緒~」など書いてますので、良かったら読んでやってくだパイ。


    ** メルマガ発行中 **


      
    ジャニーズブログランキング


    ポチッとよろしく! (^_-)-☆

    最近のコメント
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    H19.4.29に始めました
    カテゴリー一覧表
    遊びに来た人
    訪問してくれてありがとう
    遊びに来てる人
    現在の閲覧者数:
    こんなのやってます!
    お知らせ
    「LOST MY WAY」
    ~果たされた約束~

    魂での亀ソロを見て頭の中に浮かんで来たストーリーを小説にしてみました。

    切なくて甘いお話です。

    良かったら読んでみてください。


    -- E N D --
    .
    .
    オリジナル小説
    趣味で始めた小説
    まだまだ下手くそですが、少しづつ書き続けていくので良かったら読んでください。

    「さがしもの 弘人と菜緒」
    ≪ 全25話+特別編 ≫

    「あなたの笑顔 わたしの涙」
    ≪ 全58話+番外編 ≫

    「LOST MY WAY」
    ≪ 全34話 ≫

      携帯小説
    「声を聞かせて…Ⅰ、Ⅱ」 


     ≪携帯小説の感想はこちらに≫
    秘密の小部屋(裏小説)
    会員限定のお話しです。
    パスワードがないと閲覧できないよ!
     
      「秘密の小部屋入り口」

    ただいま新しい住人様の受付はお断りさせていただきます。
    詩の保管庫
    私が日々の生活の中で感じたり, 亀ちゃんの事を思ったりして, 書いた詩です

    ☆☆亀ちゃん☆☆
     「 幸せですか? 」
     「 夢の中で・・・ 」
     「 傷つかないでね 」
     「 私の隣・・・ 」
     「 きっと 」
     「 あなたの心 」
     「 言葉 」
     「 何もいらない 」
     「 遠い人 」
     「 寂しいね 」
     「 あなたの愛を 」
     「 あなたじゃなきゃ 」
     「 青空 」
     「 好きだから 」
     「 心の中 」
     「 嫌いになりたい 」
     「 会いに行くよ 」
     「 無題 」
     「 ジレンマ 」

    ☆☆家族☆☆
     「 11年目のラブレター 」
     「 子供の瞳 」
     「 かわいい恋人へ 」

    ☆☆その他☆☆
     「 泣かないで 」
     「 不思議な友達 」
     「 幸せだね 」

    大事なお友達
    ご紹介
    hirariの木
    検索ぷらす
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。