FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
Xmasプレゼント 第2話
食事の後、車を横浜に向けて走らせる

「今から行く所は、俺のお気に入りの場所なんだ

 まだ誰も連れて行ったことないことろ」

「そんなところに連れて行ってくれるの?」

「うん お前は特別!」

あたしは嬉しくて、顔がにやけるのが自分でもわかった

今朝まで和也と、今日の夜を一緒に過ごすなんて考えてなかったなぁ

イブの夜にドライブなんて、ホント夢見たい

そんな事を思いながら、和也の運転している横顔を眺める

「どうした?」和也の問いかけに

「ううん なんでもない」

「なんだよ・・・言えよ」

「和也の横顔かっこいいなぁ・・・って思っただけ」あたしはそう答え

和也は「ば~か!」って照れたように笑った

暫くして横浜の夜景のキレイな場所に着く

車から降りて眺める横浜の夜景

隣には和也がいる なんて幸せなんだろう・・・・

でもちょっと寒いな

そう思っていると、クシュンとくしゃみが出た

「大丈夫?」そう言って和也はあたしの肩に手を回した

あたしも和也の腰に手を回す

「こうすると暖かいね」ってあたしが呟くと

和也はあたしの顔を覗き込み、そっとキスをしてきた

「冷たいな」って呟く和也

「ごめん ちょっと寒くって」あたしがそう言うと、和也は

「俺が暖めるからいいよ」そう言って、またキスをした



明日の仕事の事もあり、あたし達は30分ほどでその場所を離れた

「ごめんね ゆっくり出来なくて」

「いいよ 俺も急だったし 少しでも逢えたから、それでいいよ」

和也は優しい笑顔をあたしに向けて、あたしの頭をそっと撫でてくれた

マンションに到着したあたしは、和也に用意したプレゼントを急いで取りに帰った 

ちょっと洒落心も入れて買ってみたプレゼント

和也はコレを見たら、どんな反応するんだろう

ちょっと想像すると笑える

和也の車に戻り「はい プレゼント!ちょっと恥かしいから今見ないで

部屋に帰ってから見てね」そう言って和也にプレゼントを渡す

「恥かしいって何だよ 何くれたんだよ」

「開けてからのお楽しみってことで!」あたしはクスクス笑った

和也はちょっと不思議そうに首をかしげ、笑いながらプレゼントを受け取り

「じゃあ 今日はありがとうね すごい嬉しかったよ」

そう言って車を降りるあたしを呼び止めた

「忘れ物してるよ」

「え?あたし全部持ってるよ?」

「コレ!」差し出された和也の手には、靴下が・・・・

・・・・・・靴下?

「なんで靴下なの? あれ、何か入ってる」

あたしは靴下の中のモノを取り出す

「え?これって・・・・・合鍵?」

「そう プレゼントって訳じゃないけど・・・・・

 今度からは、それ使って俺の部屋で待ってて」

「ホントにいいの?」

「何で?いいに決まってるじゃん」

あたしは嬉しくて、恥かしくて下を向いて笑った

「ありがとう すごい嬉しい」

「そんな風に喜んでくれて俺も嬉しい」

顔を上げたあたしを和也は、幸せそうに笑って見ていて

その笑顔を見て、またあたしも笑顔になった

「じゃあ またね」そう言って和也の車を離れ

和也の車を見送って、あたしは部屋に戻り

和也にもらった鍵を何度も見て、ひとりニヤニヤしていた

そして和也が家に付いた頃、あたしの携帯電話が鳴った

「お前これ何だよ~!!!!」

「だって和也好きでしょ?」

「今日着れないのに、俺に渡すなよ~!」

「今度それ着て帰り待っててあげるね」

「ふざけんなよ 今日着ろよ 今着ろ~!!!!」

「あはははは 楽しみは取っといた方がいいよ」

「あ~!!!マジムカつく」

電話の向こうで怒りながら、でもちょっと笑いながら

和也が叫んでる

あたしがあげたプレゼントは、和也の大好きなかわいいネグりジェ

和也にお願いされても絶対に買うことのなかった、ネグリジェをプレゼントに選んだのだ

プレゼントを開けて、ネグリジェを手にした和也の顔を想像して

あたしは可笑しくなって、クスクス笑った

和也はまだ電話の向こうで文句を言っている



おわり



このお話は、某ヲタ誌での亀の妄想を元に書きました

スポンサーサイト



コメントは承認制です
内容によっては削除する事、承認しないこともありますのでご了承ください。
隠しコメントは受け付けていません。
Secret
(非公開コメント受付不可)

  • 承認待ちコメント
    このコメントは管理者の承認待ちです
    コメントに関するお願い
    コメントは承認制になっておりますので、承認後に掲載になります。
    内容によっては承認しない。削除する事もありますのでご了承ください。

    初めてコメントされる方は、必ず簡単な自己紹介と「はじめて」だと言うことをお知らせください。
    申し訳ないのですが、分からないこともあるので。

    あとギャル文字は解読不可能なのでご遠慮いただきたいです。
    ホントに読めないんです。ごめんなさい。

    諸事情で隠しコメントは受け付けていませんし、コメレスもしていません。

    ごめんなさい


    ひらり
    プロフィール

       hirari

    Author:   hirari
    中1の男の子、小3の女の子の母です。

    亀ちゃんが好きすぎて息子に呆れられ、旦那に「うざい」と言われたちょっとアホな30代です。

    仁亀萌えしておりまして、腐った発言多々あります(笑)。

    今後もKAT-TUNと仁、両方を応援していきますのでよろしく!



    ひと恋の弘人で亀堕しました。

    めっちゃ長い「ひと恋」感想、小説「さがしもの ~弘人と菜緒~」など書いてますので、良かったら読んでやってくだパイ。


    ** メルマガ発行中 **


      
    ジャニーズブログランキング


    ポチッとよろしく! (^_-)-☆

    最近のコメント
    カレンダー
    07 | 2019/08 | 09
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    H19.4.29に始めました
    カテゴリー一覧表
    遊びに来た人
    訪問してくれてありがとう
    遊びに来てる人
    現在の閲覧者数:
    こんなのやってます!
    お知らせ
    「LOST MY WAY」
    ~果たされた約束~

    魂での亀ソロを見て頭の中に浮かんで来たストーリーを小説にしてみました。

    切なくて甘いお話です。

    良かったら読んでみてください。


    -- E N D --
    .
    .
    オリジナル小説
    趣味で始めた小説
    まだまだ下手くそですが、少しづつ書き続けていくので良かったら読んでください。

    「さがしもの 弘人と菜緒」
    ≪ 全25話+特別編 ≫

    「あなたの笑顔 わたしの涙」
    ≪ 全58話+番外編 ≫

    「LOST MY WAY」
    ≪ 全34話 ≫

      携帯小説
    「声を聞かせて…Ⅰ、Ⅱ」 


     ≪携帯小説の感想はこちらに≫
    秘密の小部屋(裏小説)
    会員限定のお話しです。
    パスワードがないと閲覧できないよ!
     
      「秘密の小部屋入り口」

    ただいま新しい住人様の受付はお断りさせていただきます。
    詩の保管庫
    私が日々の生活の中で感じたり, 亀ちゃんの事を思ったりして, 書いた詩です

    ☆☆亀ちゃん☆☆
     「 幸せですか? 」
     「 夢の中で・・・ 」
     「 傷つかないでね 」
     「 私の隣・・・ 」
     「 きっと 」
     「 あなたの心 」
     「 言葉 」
     「 何もいらない 」
     「 遠い人 」
     「 寂しいね 」
     「 あなたの愛を 」
     「 あなたじゃなきゃ 」
     「 青空 」
     「 好きだから 」
     「 心の中 」
     「 嫌いになりたい 」
     「 会いに行くよ 」
     「 無題 」
     「 ジレンマ 」

    ☆☆家族☆☆
     「 11年目のラブレター 」
     「 子供の瞳 」
     「 かわいい恋人へ 」

    ☆☆その他☆☆
     「 泣かないで 」
     「 不思議な友達 」
     「 幸せだね 」

    大事なお友達
    ご紹介
    hirariの木
    検索ぷらす