*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
果たされた約束 (21話)
「すずに何があったんだよ」

俺は幼馴染に詰め寄った。

「お前と会えなくなってから部屋から出てこなくなったんだ。
誰が何を言っても、言う事を聞かない。
今日で6日目。あいつ全然食事を取ってないんだ。
それどころか水分さえも、喉を潤す程度で。
考えたら分かるだろ。あの細い体で6日も食べずにいたらどうなるか」

「何で、何ですずはそんな事」

自分の存在を消してしまいたいと俺も思ったが、まさかすずはそれを実行しようとしているのか?

「お前らの間に何があったか知らない。
だけどあいつはお前を待ってるんだ。
頼むからあいつを助けてくれ・・・・頼む・・・」

そう言って頭を下げたあいつの目から零れ落ちた涙がアスファルトにいくつもの染みを作っていく。

それがすずの深刻な状況をリアルにする。

俺は玄関のドアを開け二階に駆け上がると、携帯電話の電源を入れ次々に届くすずからのメールに目を通した。

『ホントにもう会えないの?』

『もうあたしの事好きじゃない?それでもあたしはカズが好きだよ』

『カズの声が聞きたい』

『嫌いでもいいから、傍にいさせて』

『もうあたしは必要ないの?』

『会いたいよ』

『さよならなんて嫌だ』

『カズ、電話に出て』 
  ・
  ・
  ・
『カズがいないと生きてる意味がないよ』

『あたしはカズの傍でしか生きていけないんだよ』

『もう、ダメなのかなぁ』

一つずつ読みながら彼女がどんな思いでいたのかを想像して、俺は自分の不甲斐なさに泣きそうになった。

【ずっと傍にいるって約束したのに、お前に嫌われる事を恐れて逃げ出してごめん。
前世の自分が犯した罪から逃れたくて、お前を手放そうとした俺を許して】

日に何通も届いていたすずからのメールは『カズ、ごめんね』この言葉を最後に、届かなくなった。

【頼む、電話に出てくれ。すず】

祈るような思いで彼女の携帯に電話を掛ける。

しかし呼び出し音が鳴り続けるだけで、何度掛け直しても彼女が電話に出る事はなかった。

【どうして出ないんだよ】

携帯電話をギュッと握りしめると、遠い昔冷たくなった彼女の体を抱き締めながら交わした約束を思い出した。

【俺は一番大事なことを忘れていたんだ。
一番忘れちゃいけない約束を、どうして今まで思い出せなかったんだ】

定期券を手にすると階段を駆け下り、玄関の外で待っていた幼馴染に声を掛けて俺は急いで彼女の家へと向かった。

【もう二度と、あんな思いはしたくない】




ギリギリで飛び乗った電車。

明日からの夏休みに浮かれている高校生達が騒がしく、俺はイライラしながら彼女達を睨み付けた。

「なにアレ、感じ悪い!」

「ちょっとイケメンだと思って、カッコつけてんのよ」

「彼女にフラれてイラついてんじゃないの?」

ケタケタと笑いながら話すその言葉が、益々俺を逆撫でする。

普段なら絶対に気にも留めないような事にイラつく事自体、気持ちに余裕がない証拠。

【くそっ!】

心の中で文句を言って舌打ちをすると、それを見ていた幼馴染が「落ち着けよ」俺にそう言ってきた。

「今イライラしてもしょうがないだろ」

そんな事言われなくても分かってる。

だけど電車の中でさえも走って彼女の元へ行きたいくらいなのに、平常心でなんていられない。

彼女の家の最寄り駅に着くと、俺は電車を飛び降り改札口を走って通り抜けた。

毎日、毎日彼女を送っていた道。

二人でいる時は、もっと家が遠ければよかったのに…と思えるほど近いと思った距離も今はとても遠く感じる。

このまま彼女の元へ辿り着けないんじゃないかと云う錯覚に落ちそうになる。

そしてやっとの思いで辿り着いたすずの家。

額から流れ落ちる汗を拭うと乱れた息のまま、俺は玄関のチャイムを押した。

そして遅れて幼馴染が辿り着く。

「おせぇよ」

「・・・これ、でも・・・がんばった・・だよ」

ダラダラと汗をかき肩で息をする幼馴染は門を開け、早く来いと言うように俺の顔を見た。

そして玄関に出てきたすずの母親に「連れてきたよ」そう言うと、俺を家の中に引き入れる。

「あの・・・すみません。すずがこんな事になってるなんて知らなくて。
ホントすみません」

「謝らなくていいの。
お願い・・・すずと話をしてもらえる?
きっとカズ君の言葉ならすずも聞いてくれると思うの」

「はい。すずと話をさせてください。俺に出来ることなんでもしますから」

俺は頭を下げるとすずの部屋のある二階へと続く階段をゆっくりと上った。



つづく・・

ポチッとお願いいたします
ジャニーズブログランキング




スポンサーサイト



コメントは承認制です
内容によっては削除する事、承認しないこともありますのでご了承ください。
隠しコメントは受け付けていません。
Secret
(非公開コメント受付不可)

  • かとう
  • 続き早めにお願いします。
    今日にでもすぐに。
    早く、早急に、何が何でんでも、続きを(笑)
  • 桃姫
  • ちょっと~!!
    なんて事を! ここで・・・次回に続く・・・・・・--)
    京セラ終わるまで、次が読めないなんて有り得な~い(TへT)

    はい! 苦情申し上げます。

  • さくら
  • うぎゃー これは 何?何? きになるぅ~ やっぱ Sだね(笑) けど この余韻ありの終わらせ方がいいよ 次へとつなぐ 次 早く読みたい~
  • 葉月
  • ここで終わるんかい!!

    ドS発揮しなくていいよ~hirariちゃん●

    次早くね☆
  • たま
  • うわぁ、このジワジワ感がたまりません。
    何だかクセになりそうです。
    続きが楽しみです。
  • ブッチママ

  • やっぱり 雄ちゃんは 2人を助けてくれるね

    すずは 大丈夫なのか すごく気になるんだけど かずの心がすずに戻ればきっとすぐに 元気になれるはず・…

    ひらりちゃん 早く2人をらぶらぶさせちゃって ください
  • 承認待ちコメント
    このコメントは管理者の承認待ちです
  • ヒロト
  • すず!どうなっちゃうのか心配!

    すずは自分を犠牲にしてカズの目を開かせようとしているのかな?

    すずの愛でカズは自分の弱い気持ちに気づいたの

    カズ、早く約束を果たして

    ☆何気にカズと雄君いい感じになってる…
  • 桃姫
  • *冷静になって、再び(*^_^*)

    ◎6日間閉じこもり。
    鈴音と和也は、同じ事していた訳ね!?

    鈴音は、何かを知っているんじゃないかと私はにらんでますけど…。

    続きお早くねo(_ _*)o
    このままは、辛いわ(/_;)/~~

  • こう
  • いいとこで続くですね。。。


    ひらりさん日常で電車乗らないですよね?
    リアルに車内の様子が書かれてて、ビックリです!
  • マユミ
  • えー!?
    やっぱり寸止め???

    へへへ、想定内です(笑)
    焦らしプレイ(?)はお手のもの……だよ。
    ホントは一刻も早く二人を逢わせてあげてほしいけど、汗だくの幼馴染みに免じて許してあげるね
  • めい
  • 電車の場面とか、和也の焦りがすごく伝わってきてこっちまでドキドキしたあ~
    焦らされるの嫌いじゃあないよ。Mですから…(笑)
  • りんちゃん
  • ドSなひらりさんにやられちゃいましたね。続きが気になってたまりません。

    雄ちゃんがすずのためとはいえ、カズの所に来てくれたのは嬉しかったなあ。

    ラブラブな二人を見れるのはいつかなー。
  • かな
  • あ~続きが気になりすぎます! 笑

    でもカズが何か一番大切なことを思いだしたみたいで、
    早くすずを助けてあげてほしいです!
  • haru
  • 臨場感たっぷりの表現力素晴らしいです

    読んでる私までドキドキ汗出て来そうでした

    カズもすずも同じく苦しんでたんですね…
    早く楽にさせてあげて~
  • ☆もも☆
  • ひらりちゃんのドS炸裂だね(*^^*)焦らしプレイ好きだねぇ♪ でもすずのカズへの想いはすごく一途(^^)
    まず私には食事を食べないなんて無理(笑)
    だけど すずの気持ちはわかる 早くカズすずを抱き締めてあげて♪
  • きよ
  • おっと、すずの様子がわからぬまま‥つづく‥ですか!

    すず大丈夫かな?

    カズ~早くすずを抱きしめてあげてぇ~(@_@)
  • kasame
  • えーーーーー!!ここで!?
    焦らされちゃうのね(笑)
    あ~続きが気になる(>_<)
    早く続きが読みたいよ~!!!
  • hiroro
  • ゆっちナシでは、この切迫感はでなかったんじゃないかと思う程、ゆっちの存在がこんなにも重要になってくるとは! (笑)

    ただただ、前世と同じような別れがない事を願います(T_T)
  • ゆりっぺ
  • ハァー
    前話は、泣かされ
    今話は、ドキドキさせられ
    すずの部屋の前で 続く

    えー。ですよ
    幼なじみの雄くん、ありがとうねっ。


    カズは、すずのことを、カズの全てをかけて『しあわせ』にしないと、いけないんだからねっ。

    続き 楽しみに、待っています。



  • あさこです。
  • カズの事を凄く思っているのが伝わるすずのメール。これから二人はどうなっちゃうのかな階段を上った後…色々な展開を想像しちゃって…続きが超楽しみです。
  • Yumi
  • 本日、ひらりちゃん焦らし過ぎ。
    ひらりちゃんがどSなのは知ってたけど…
    これは酷いゎ~
    速く、つぎ書いてね
  • 承認待ちコメント
    このコメントは管理者の承認待ちです
  • まゆ
  • No title
    えー・・・焦らしプレイですかi-198i-229
    すずは、ちゃんとカズと向き合ってくれるのかな・・・

    続きはもう少し先になりそうだけど、楽しみに待ってますi-184
  • hiroko
  • カズとすずは離れられない運命にあるんだよね。 やっとすずと二人きりになれるのかと思ったら…残念続きを待ってま~す
  • gigi
  • 続きを~(>_<)
  • ちえ

  • つづく・・ってそこでですかー?(ノ△T)
    すずの様子が気になってしょうがないないです。
    カズはやっと動きだして、良かったぁと思いました。
    続き待ってます。
  • はる
  • かず 早くすずを抱きしめて安心させてあげて!
    すず かずに前世の事なんて関係ない!今の私を見て!今のかずが好き!って…
  • ちぃた
  • お久しぶりです。
    ちょっと読めずにいたら☆急展開☆
    すず どうなっちゃってるの?
    カズ 早くすずを抱き締めてあげて…
    二人は離れられないよね?
    続きが……気になる~
    コメントに関するお願い
    コメントは承認制になっておりますので、承認後に掲載になります。
    内容によっては承認しない。削除する事もありますのでご了承ください。

    初めてコメントされる方は、必ず簡単な自己紹介と「はじめて」だと言うことをお知らせください。
    申し訳ないのですが、分からないこともあるので。

    あとギャル文字は解読不可能なのでご遠慮いただきたいです。
    ホントに読めないんです。ごめんなさい。

    諸事情で隠しコメントは受け付けていませんし、コメレスもしていません。

    ごめんなさい


    ひらり
    プロフィール

       hirari

    Author:   hirari
    中1の男の子、小3の女の子の母です。

    亀ちゃんが好きすぎて息子に呆れられ、旦那に「うざい」と言われたちょっとアホな30代です。

    仁亀萌えしておりまして、腐った発言多々あります(笑)。

    今後もKAT-TUNと仁、両方を応援していきますのでよろしく!



    ひと恋の弘人で亀堕しました。

    めっちゃ長い「ひと恋」感想、小説「さがしもの ~弘人と菜緒~」など書いてますので、良かったら読んでやってくだパイ。


    ** メルマガ発行中 **


      
    ジャニーズブログランキング


    ポチッとよろしく! (^_-)-☆

    最近のコメント
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    H19.4.29に始めました
    カテゴリー一覧表
    遊びに来た人
    訪問してくれてありがとう
    遊びに来てる人
    現在の閲覧者数:
    こんなのやってます!
    お知らせ
    「LOST MY WAY」
    ~果たされた約束~

    魂での亀ソロを見て頭の中に浮かんで来たストーリーを小説にしてみました。

    切なくて甘いお話です。

    良かったら読んでみてください。


    -- E N D --
    .
    .
    オリジナル小説
    趣味で始めた小説
    まだまだ下手くそですが、少しづつ書き続けていくので良かったら読んでください。

    「さがしもの 弘人と菜緒」
    ≪ 全25話+特別編 ≫

    「あなたの笑顔 わたしの涙」
    ≪ 全58話+番外編 ≫

    「LOST MY WAY」
    ≪ 全34話 ≫

      携帯小説
    「声を聞かせて…Ⅰ、Ⅱ」 


     ≪携帯小説の感想はこちらに≫
    秘密の小部屋(裏小説)
    会員限定のお話しです。
    パスワードがないと閲覧できないよ!
     
      「秘密の小部屋入り口」

    ただいま新しい住人様の受付はお断りさせていただきます。
    詩の保管庫
    私が日々の生活の中で感じたり, 亀ちゃんの事を思ったりして, 書いた詩です

    ☆☆亀ちゃん☆☆
     「 幸せですか? 」
     「 夢の中で・・・ 」
     「 傷つかないでね 」
     「 私の隣・・・ 」
     「 きっと 」
     「 あなたの心 」
     「 言葉 」
     「 何もいらない 」
     「 遠い人 」
     「 寂しいね 」
     「 あなたの愛を 」
     「 あなたじゃなきゃ 」
     「 青空 」
     「 好きだから 」
     「 心の中 」
     「 嫌いになりたい 」
     「 会いに行くよ 」
     「 無題 」
     「 ジレンマ 」

    ☆☆家族☆☆
     「 11年目のラブレター 」
     「 子供の瞳 」
     「 かわいい恋人へ 」

    ☆☆その他☆☆
     「 泣かないで 」
     「 不思議な友達 」
     「 幸せだね 」

    大事なお友達
    ご紹介
    hirariの木
    検索ぷらす
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。