*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
果たされた約束 (26話)
自分の腕で感じる幸せな重みと体に廻された腕の温もり、そして彼女の甘い香り。

手離した事を何度も後悔し、そして諦めた幸せ。

もう二度と彼女に触れる事はないと思っていたのに・・・。

「すず」

愛しい名前を呟き腕に力を入れて彼女をそっと抱き寄せると「カズぅ・・・だいすき」すずが小さな声で囁いた。

「ん?まだ・・・起きてんの?」

そう問いかけても彼女からの返事はない。

「寝言かよ」

呆れながらも彼女の夢の中までも俺が支配しているのかと思うと嬉しくなる。

「ったく、ホントにこのまま襲うぞ!」

愛しい気持ちが溢れ出し、俺は眠っている彼女にたくさんのキスを落としていった。

髪と頬と唇、そして鼻や瞼にも・・・とにかくたくさんキスがしたかった。

「早く元気になれよな」

俺はそう言ってもう一度だけ小さなキスをすると、彼女を起こさないようにしながらゆっくりとベッドから立ち上がった。

時計はもうすぐ11時になろうとしている。

「やべ、早く帰らねえと。しかし腕いてぇ」

痺れている腕を擦りながら俺は真っ暗な部屋を抜け出すと静かに階段を下り、電気の付いているリビングのドアを開けた。

「あの・・・遅くまですみませんでした」

俺が頭を下げると「我がままを言ったのは鈴音の方よ。カズ君は謝らなくていいの」お母さんはそう言ってくれた。

だけどお母さんの後ろ、ソファーに座りムスッとした顔でお父さんが俺を見ている。

チラリとお父さんを見た俺に気が付き「パパの事は気にしなくていいから」お母さんはちょっと呆れたように呟き「家はどこ? 遅くなったから車で送るわ」とも言ってくれた。

だけど俺は「まだ電車があるので大丈夫です」そう言って断り、「また明日もすずに会いに来ていいですか?」お父さんの顔色を伺いながら問いかけた。

「もちろんよ。あの子喜ぶわ」

「あの・・・本当にいいですか?」

もう一度問いかけると「いいわよね。パパ?」お母さんは後ろを振り向きお父さんに返事を促した。

だけど、お父さんからは何の言葉もない。

「カズ君来なかったらパパが来させないようにしたんだって鈴音に思われるわよ。
あの子に嫌われても知らないからね。だって否定できないでしょ!」

「分かったよ。・・・・鈴音に嫌われるのだけは困る。
あの子が元気になるまでだからな。わかったな!」

お父さんは渋々俺が来ることを承諾すると、もう何も話したくないと云うようにテーブルの上にあった新聞を広げて顔を隠した。

「ありがとうございます。あの・・・また来ます」

お父さんに頭を下げリビングを出ると、俺は思いきり大きな溜息を吐いた。

「そんなに緊張した?」

「えっ?・・・そりゃあ・・・まぁ」

「うふふふっ 緊張してるカズ君見てたら、パパがあたしのお父さんに始めてあった時の事思い出したわ。
今のカズ君よりもっとガチガチだったのよ」

お母さんは昔を懐かしみながら「また明日も来てね」そう言った。

「本当に来ても大丈夫ですか?」

「大丈夫よ。と云うか、来て欲しいの。それを鈴音が望んでいるから。
あなた達の間に何があったかは知らないし、聞く気もない。
だけどこれだけは約束して、もう鈴音を悲しませるようなことはしないって。
あの子があなたと一緒にいることを望むなら、あたしはそうさせてやりたいの。
それが娘の幸せなら、叶えてやりたい」

「どうして、そこまで?」

「パパもあたしも、鈴音に甘いって思ってるんでしょ?」

「・・・・すみません」

「それはね、あの子が小さい時から体が弱かったせいなの。
元気に育たないんじゃないかって思うくらい小さくて、弱くて。
だからあたしも、パパも、そして雄ちゃんも、あの子を甘やかせちゃうの。
ホントはダメだって分かってるんだけどね。
だからあの子が元気でいてくれたら、幸せになってくれたら、あたしはそれだけでいいの。
パパも今はヤキモチ妬いてあんな態度取ってるけど、きっと思いは同じだと思うのよ」

「俺なんかで大丈夫なんでしょうか?」

「大丈夫よ。だって娘が好きになった人だから。
あたしは娘を信じてる。ただそれだけよ。だからあの子をお願いね」

娘を信じているから俺を信じる。

その言葉にどれだけの愛情を感じたことだろう。

きっとすずは俺が思う以上に大事に、大事に育てられて来たんだろう。

そんな大切なすずを俺なんかに・・・。

すずを誰よりも好きだと云う気持ちは変わらない。

だけど親が子を思う気持ちにだけには勝てないのかもしれない。

だからこそ俺は彼女を大事にしようと改めて思った。

こんな俺を信じてくれるお母さんの為に、そしてお父さんの為に。



次の日の朝、俺が10過ぎにすずの家に着くと、門の前の段差で彼女が座り込んで待っていた。

「何してんの?」

「・・・遅い!」

思いっきり尖らせた唇で呟くすず。

「いつから待ってんの?」

「・・・9時前」

「そんな早く来るわけねぇだろ?」

「どうして?カズは早く会いたくない?」

「会いたいけど、早く来たらお母さん迷惑かなって」

「そんな事・・・ないもん」

拗ねた彼女の頭を優しくポンと叩き「中入ろう?」俺はすずの手を引いて玄関のドアを開けた。

リビングに向かい「おはようございます」と挨拶をすると「その鞄は何?」お母さんは俺が手にしている鞄を指差し問いかけた。

「いや、どうせ一日すずの部屋にいるなら、一緒に夏休みの宿題やろうと思って。
そしたら元気になったら、気兼ねしないでいっぱい遊べるし」

「えっ 勉強するの?」

ちょっとすずは嫌そうな顔をした。

それを見て俺がクスリと笑うと「それがいいわね」お母さんはそう言って俺達にすずの部屋に行くように促した。

部屋に入りドアを閉めると「カズ、ホントに勉強するつもり?」彼女は不満そうに問いかけて来た。

「本気だけど? すずは嫌なの?」

「・・・嫌じゃないけど・・・嫌だ」

「どっちだよ」

「だって、カズとイチャイチャしてたいもん」

「ばーか!ずっとはイチャイチャ出来ないだろ」

「どうして?」

「・・・・俺が我慢できなくなったらどうすんの?」

「ダメ・・・なの?」

「はぁぁぁ お前ねぇ」

呆れて溜息を漏らすと「ママ出掛けるといいね」すずはそう言って笑った。

「それ、意味分かって言ってんの?」

戸惑いながら問いかける俺に、キスで返事をするすず。

まだ幼さの残る彼女が見せた俺を誘うような表情。

それを見て俺は確信した。

俺が吸血鬼から人間に生まれ変わったように、すずは小悪魔と云う生き物に生まれ変わってきたのだと・・・。



つづく・・・。
スポンサーサイト



コメントは承認制です
内容によっては削除する事、承認しないこともありますのでご了承ください。
隠しコメントは受け付けていません。
Secret
(非公開コメント受付不可)

  • hiro*
  • なかなかゆっくり読ませてもらう時間がとれなくて、今17話~一気に読ませてもらいました!!
    17話の雄ちゃんとカズのやり取り面白かったわ(^O^)すずちゃん、一途で天然小悪魔で、ほんと可愛いすぎです。それにお風呂あがりのすずちゃん、かわいいだろうな。カズよく我慢できたなぁ(≧▼≦)
    読んでてめちゃドキドキしたよ!我慢して我慢して我慢して……… その先がすごく楽しみ。カズも、そして読んでる私も(笑)
    もう少し焦らされるのかな~ 楽しみにしてます\(^O^)/
    ひらりちゃん、ほんとお話書くのうますぎです。
  • かな
  • とうとうきちゃいますか(≧∇≦)??
    続きが楽しみすぎて待ちきれません( ̄∀ ̄)! 笑
    すず積極的ですね!
  • ようこ
  • お母さんのお出かけに期待してます(笑)
    本当に良かった、いい感じに落ち着いてきて
  • ヒロト
  • もう~~~
    勝手にしてくださ~い。世の中に二人しかいないみたいな感じ…
    かろうじて、カズには親の存在がブレーキかけてるけど…

    若いっていいな!
    なんの心配もなく二人の世界に浸れるんだから…

    ※ひと恋…ナオの台詞『脂ぎったおじさんみたい』状態の私ですよ!


    雄君の絡みはあるのでしょうか?ちょっと楽しみ、でもまた焦らされちゃうね!
  • ブッチママ

  • そろそろ その時が近づいているんだよね?

    カズの我慢も 限界だよね。小悪魔すず 可愛すぎだもん

    初体験同士の2人をどうやって描いてくれるのか 今からすご~く楽しみです(笑)
  • 承認待ちコメント
    このコメントは管理者の承認待ちです
  • haru
  • な2人ですね
    読んでいて、アラフォーのおばちゃんまで照れてしまいました(笑)

    後は…ママの外出を期待するのみ
    もし私がすずのママだったら…静かに耳がダンボになってたりして(笑)

    続き楽しみにしてます
    すずが小悪魔になったのくだり、ひらりさんの文才、さすがだな~って思ったよ
  • りんちゃん
  • 積極的な小悪魔すずに押され気味のカズがかわいい。
    カズも私たちもそろそろ我慢の限界かも(笑)
    ひらりさん、近々お願いしますね。
  • 桃姫
  • No title
    次回は、期待していいんでしょうか?

    しかし! イチャ♪イチャ♪
    こっちが照れてしまいますわ(^^)

    小悪魔でも人間でも
    何にでも生まれ変わって
    ずっ~とイチャ♪イチャ♪して頂戴!
    イチャイチャの輪廻転生ですか~?!

    焦らされすぎて、チョイ切れてる?(笑)

  • まゆ
  • No title
    あ~やっと!いよいよ!って思ったけど、
    ひらりさん、ドSだった・・・i-229

    すずってば、カズが好き過ぎて小悪魔度が増してますね!
    カズの両親に対する態度にもキュンとしちゃいますi-175
    続きを楽しみにしてますね♪
  • さくら
  • すごく いいね 2人の今の関係! 男子がしっかりしてる。 よろしい!! 高校生は高校生らしく やるべきことがある。 あたしは 今の若者に伝えたい~ って… 思う。 でも ちょっとは 期待かなぁ… (笑)まぁ 素敵な感じでお願いします♪
  • hiroro
  • まだまだカズにガマンさせますかァ~( ̄ー ̄)

    さすがドS!ひらりサン (笑)

    しかも、小悪魔なすずチャンって…(*≧m≦*)

    もっとカズを苛めちゃって♪ (笑)
  • kasame
  •  
    小悪魔すず 可愛いっ!!
    そろそろお願いしますよ~ひらりさん!!
    カズも私も限界かも(笑) 
    ママ!!早くお出かけしよ!!(笑)

    次回、楽しみに待ってます!!
    なんとなく、まだ焦らされる気がするけど・・・
  • ゆっこ
  • 小悪魔すずが〝ぐぃぐぃ〟きてますね!

    ガマン大会のカズが少し可哀想になってきちゃいました(^^;)
    解放される日はいつ来るんでしょうか?!

    更新が楽しみです♪
  • ゆみこ
  • あらら~(>_<)
    カズはまだおあずけ状態ですか~(*_*)
    ひらりさん、早くカズにご褒美をあげて~。
  • 承認待ちコメント
    このコメントは管理者の承認待ちです
  • hiroko
  • カズも小悪魔かと思ってたけど、さらに上をいく超小悪魔すずちゃん。カズもすずちゃんには頭があがらないよね

    しかし、カズ我慢できてるね~
    コメントに関するお願い
    コメントは承認制になっておりますので、承認後に掲載になります。
    内容によっては承認しない。削除する事もありますのでご了承ください。

    初めてコメントされる方は、必ず簡単な自己紹介と「はじめて」だと言うことをお知らせください。
    申し訳ないのですが、分からないこともあるので。

    あとギャル文字は解読不可能なのでご遠慮いただきたいです。
    ホントに読めないんです。ごめんなさい。

    諸事情で隠しコメントは受け付けていませんし、コメレスもしていません。

    ごめんなさい


    ひらり
    プロフィール

       hirari

    Author:   hirari
    中1の男の子、小3の女の子の母です。

    亀ちゃんが好きすぎて息子に呆れられ、旦那に「うざい」と言われたちょっとアホな30代です。

    仁亀萌えしておりまして、腐った発言多々あります(笑)。

    今後もKAT-TUNと仁、両方を応援していきますのでよろしく!



    ひと恋の弘人で亀堕しました。

    めっちゃ長い「ひと恋」感想、小説「さがしもの ~弘人と菜緒~」など書いてますので、良かったら読んでやってくだパイ。


    ** メルマガ発行中 **


      
    ジャニーズブログランキング


    ポチッとよろしく! (^_-)-☆

    最近のコメント
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    H19.4.29に始めました
    カテゴリー一覧表
    遊びに来た人
    訪問してくれてありがとう
    遊びに来てる人
    現在の閲覧者数:
    こんなのやってます!
    お知らせ
    「LOST MY WAY」
    ~果たされた約束~

    魂での亀ソロを見て頭の中に浮かんで来たストーリーを小説にしてみました。

    切なくて甘いお話です。

    良かったら読んでみてください。


    -- E N D --
    .
    .
    オリジナル小説
    趣味で始めた小説
    まだまだ下手くそですが、少しづつ書き続けていくので良かったら読んでください。

    「さがしもの 弘人と菜緒」
    ≪ 全25話+特別編 ≫

    「あなたの笑顔 わたしの涙」
    ≪ 全58話+番外編 ≫

    「LOST MY WAY」
    ≪ 全34話 ≫

      携帯小説
    「声を聞かせて…Ⅰ、Ⅱ」 


     ≪携帯小説の感想はこちらに≫
    秘密の小部屋(裏小説)
    会員限定のお話しです。
    パスワードがないと閲覧できないよ!
     
      「秘密の小部屋入り口」

    ただいま新しい住人様の受付はお断りさせていただきます。
    詩の保管庫
    私が日々の生活の中で感じたり, 亀ちゃんの事を思ったりして, 書いた詩です

    ☆☆亀ちゃん☆☆
     「 幸せですか? 」
     「 夢の中で・・・ 」
     「 傷つかないでね 」
     「 私の隣・・・ 」
     「 きっと 」
     「 あなたの心 」
     「 言葉 」
     「 何もいらない 」
     「 遠い人 」
     「 寂しいね 」
     「 あなたの愛を 」
     「 あなたじゃなきゃ 」
     「 青空 」
     「 好きだから 」
     「 心の中 」
     「 嫌いになりたい 」
     「 会いに行くよ 」
     「 無題 」
     「 ジレンマ 」

    ☆☆家族☆☆
     「 11年目のラブレター 」
     「 子供の瞳 」
     「 かわいい恋人へ 」

    ☆☆その他☆☆
     「 泣かないで 」
     「 不思議な友達 」
     「 幸せだね 」

    大事なお友達
    ご紹介
    hirariの木
    検索ぷらす
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。