FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
さがしもの 弘人と菜緒 ≪ 13話 ≫
その日の午後、菜緒が検査を終えて病室に帰ってくると、菜緒の両親と弘人は主治医から詳しい説明を受けることになった。

正直今の弘人には、彼女の病状を聞くことがとても怖かった。

重い足取りでカウンセリングルームに向かう弘人を気使うように、菜緒の母親が彼の背中に優しく触れて部屋に入るように促すと、待っていた主治医が直ぐに説明を始めた。

「検査の結果、脳の方に異常は認められませんでした。
ただ強い衝撃を受けたことで、ここ8~9年の記憶をなくされていますね。
これは個人差があるので何とも言えないのですが、記憶が戻ることを祈るしかないでしょうね」

淡々とした口調で説明を続ける主治医。

「左大腿部と左肘の骨折はリハビリを入れて全治5ヶ月ですね。
2ヶ月ほどで退院して、その後は通院でリハビリしてもらう形になると思います。
他に質問はありますか?」

そう問い掛けられた父親が口を開いた。

「娘の記憶は戻りますか?」

「正直分かりません。
前例を見ても2~3日で戻った人もいれば、半年、1年後に戻った人もいます。
10年後に戻った例もありますし、反対に一生戻らなかった人もいますから」

「一生・・・」

その言葉が弘人の胸に突き刺さる。

このまま菜緒の記憶が戻らなかったら、俺達はいったいどうなるんだろう・・・。

弘人の心の中を不安だけが埋め尽くしていった時「とにかく暫く様子を見ましょう・・・ね!」母親が彼を励ますように優しく微笑み呟いた。



彼女のいる病室に戻ることが出来ず、待合室のソファーに座って考え込む弘人。

「もしこのまま・・・」

そう思うと胸が張り裂けそうな程苦しい。

何度も溜め息を漏らす弘人を遠くから見ていた父親が、彼に近づき声を掛けた。

「隣いいかい?」

小さく頷く弘人。

「こんなことになって、本当にすまない」

「いえ、菜緒が悪い訳じゃありませんから。
ただ不安で・・・どうして良いのか分からないんです」

小さな声で呟く弘人に「先生も言っていたように、いつ記憶が戻るか分からないんだ。希望を捨てずにいて欲しい。
君も辛いかもしれないが、記憶が戻るように菜緒の傍いてやって欲しいんだ」父親はそう言って頭を下げた。

「僕は大丈夫です。不安でも何でも菜緒の傍にいます。
もう離れないって約束したんです。だから信じて待ちます」

口ではそう言ったものの、弘人はどうしても心の中の不安を消すことが出来なかった。



その日の夜、弘人は3日ぶりに家に帰った。

彼の母親は菜緒が事故に遭ったと聞いて次の日の朝すぐに病院を訪れていたが、彼女の状況が思わしくなかった為、息子に着替えだけを手渡して帰っていた。

それから毎日息子から電話があったが、菜緒が目覚めないまま3日が過ぎきっと寝ていないであろう弘人の体を心配していた。

今朝の電話で菜緒の意識が戻ったと聞いた時はほっと胸を撫で下ろしたが、その時の息子の声に元気がない事が気掛かりだった。

「菜緒ちゃんはどうなの?」と言う母親の問い掛けに「大丈夫だよ」とだけ答えて自分の部屋に入っていく弘人。

母親は息子の様子が明らかにおかしい事に気付いたが、疲れているであろう彼を気遣い、話を聞くのは明日の朝にすることにした。

弘人が部屋に入ると弟の廉が机に向かい勉強をしていて「お兄ちゃんお帰り。菜緒姉ちゃん大丈夫なの?」と問い掛けてくる弟に

「あぁ!」弘人は気のない返事をし、それ以降は何を聞いても口を開くことはなかった。

ベッドの上に転がり自分の掌をジッと見つめる弘人。

掌の中 菜緒にあげたはずの指輪が、ライトに照らされて光っている。

「看護婦さんがケガをした菜緒の指から外し渡してくれたんだけど、菜緒の血で汚れていたからお店にクリーニングに出していたの」

そう言って彼女の母親に差し出された指輪。

「菜緒が目覚めたら渡してやってね」

そう言って渡された指輪を、目覚めた菜緒に渡すことは出来なかった。

病院で殆ど睡眠を取っていない弘人。

しかし、菜緒のことが気になり、眠ることなんて出来ない。

ただ自分に何が出来るのか。どうすればいいのか、どうしたいのか・・・そればかりを考えていたが、何度考えても結局は「今までのように菜緒の傍にいたい」そこへ辿り着くのだ。

それ以外の答えなんて、見つかるわけがない。



次の日の昼 ようやく起きてきた弘人。

結局朝方まで眠れなったらしい。

そんな彼に母親は冷静な声で問い掛ける。

「菜緒ちゃんどうかしたのか? お前の態度見てたら分かるよ」

すると重い口を開き弘人が話し始めた。

「菜緒の記憶が・・・ないんだ。
俺と出会う前の記憶しかないんだ」

「記憶がないって・・・戻るんだよね?」

「分からない。医者にも誰にも分からないんだ」

「どうするんだい?弘人」

「どうもしないよ。今まで通り菜緒の傍にいる。それだけだよ」

一生懸命に笑みを漏らす息子が、一番不安なのは分かっている。

だけどそんな息子に「きっと菜緒ちゃんは思い出すよ」そんな言葉しか掛けてやれない自分の不甲斐なさを申し訳ないと思いながら、母親も小さく笑みを漏らせた。



つづく・・・


スポンサーサイト



コメントは承認制です
内容によっては削除する事、承認しないこともありますのでご了承ください。
隠しコメントは受け付けていません。
Secret
(非公開コメント受付不可)

  • Kamyu☆
  • うぅ(。´Д⊂)うぅ・・・。
    涙で画面が見えないです(´Д`。)グスン

    2人が過ごした日々は、そんなに簡単に
    消えるものじゃないと思うので、
    菜緒の記憶が戻ると信じてます!!
    菜緒の記憶が戻りますように・・・☆ミ
  • さちかめ
  • 神様
    どうか、菜緒の記憶が1日も早く戻り、傍に弘人が変わらずいてくれます様に(>_<)
    コメントに関するお願い
    コメントは承認制になっておりますので、承認後に掲載になります。
    内容によっては承認しない。削除する事もありますのでご了承ください。

    初めてコメントされる方は、必ず簡単な自己紹介と「はじめて」だと言うことをお知らせください。
    申し訳ないのですが、分からないこともあるので。

    あとギャル文字は解読不可能なのでご遠慮いただきたいです。
    ホントに読めないんです。ごめんなさい。

    諸事情で隠しコメントは受け付けていませんし、コメレスもしていません。

    ごめんなさい


    ひらり
    プロフィール

       hirari

    Author:   hirari
    中1の男の子、小3の女の子の母です。

    亀ちゃんが好きすぎて息子に呆れられ、旦那に「うざい」と言われたちょっとアホな30代です。

    仁亀萌えしておりまして、腐った発言多々あります(笑)。

    今後もKAT-TUNと仁、両方を応援していきますのでよろしく!



    ひと恋の弘人で亀堕しました。

    めっちゃ長い「ひと恋」感想、小説「さがしもの ~弘人と菜緒~」など書いてますので、良かったら読んでやってくだパイ。


    ** メルマガ発行中 **


      
    ジャニーズブログランキング


    ポチッとよろしく! (^_-)-☆

    最近のコメント
    カレンダー
    07 | 2019/08 | 09
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    H19.4.29に始めました
    カテゴリー一覧表
    遊びに来た人
    訪問してくれてありがとう
    遊びに来てる人
    現在の閲覧者数:
    こんなのやってます!
    お知らせ
    「LOST MY WAY」
    ~果たされた約束~

    魂での亀ソロを見て頭の中に浮かんで来たストーリーを小説にしてみました。

    切なくて甘いお話です。

    良かったら読んでみてください。


    -- E N D --
    .
    .
    オリジナル小説
    趣味で始めた小説
    まだまだ下手くそですが、少しづつ書き続けていくので良かったら読んでください。

    「さがしもの 弘人と菜緒」
    ≪ 全25話+特別編 ≫

    「あなたの笑顔 わたしの涙」
    ≪ 全58話+番外編 ≫

    「LOST MY WAY」
    ≪ 全34話 ≫

      携帯小説
    「声を聞かせて…Ⅰ、Ⅱ」 


     ≪携帯小説の感想はこちらに≫
    秘密の小部屋(裏小説)
    会員限定のお話しです。
    パスワードがないと閲覧できないよ!
     
      「秘密の小部屋入り口」

    ただいま新しい住人様の受付はお断りさせていただきます。
    詩の保管庫
    私が日々の生活の中で感じたり, 亀ちゃんの事を思ったりして, 書いた詩です

    ☆☆亀ちゃん☆☆
     「 幸せですか? 」
     「 夢の中で・・・ 」
     「 傷つかないでね 」
     「 私の隣・・・ 」
     「 きっと 」
     「 あなたの心 」
     「 言葉 」
     「 何もいらない 」
     「 遠い人 」
     「 寂しいね 」
     「 あなたの愛を 」
     「 あなたじゃなきゃ 」
     「 青空 」
     「 好きだから 」
     「 心の中 」
     「 嫌いになりたい 」
     「 会いに行くよ 」
     「 無題 」
     「 ジレンマ 」

    ☆☆家族☆☆
     「 11年目のラブレター 」
     「 子供の瞳 」
     「 かわいい恋人へ 」

    ☆☆その他☆☆
     「 泣かないで 」
     「 不思議な友達 」
     「 幸せだね 」

    大事なお友達
    ご紹介
    hirariの木
    検索ぷらす