FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
さがしもの 弘人と菜緒 ≪ 16話 ≫
菜緒が入院してもうすぐ二ヶ月。

リハビリも順調に進み退院も間近に迫ってきた。

すでに左手のギブスは外され、今は一生懸命松葉杖で歩く練習をしている。

まだしっかりと歩くことは出来ないが一人で車椅子には乗れるし、腕のギブスが外れたことで一人車椅子を動かせるため以前より不自由なく動き回れるようになっていた。

菜緒の母親は、毎日娘の見舞いに来ては身の回りの世話をしていたが、菜緒はそれが少し重たいと感じることがあった。

はっきりと言う訳ではないが、娘の記憶が戻る切っ掛けになればと時々思い出話をする事が、菜緒にはちょっと辛かった。

彼女だって思い出したくない訳ではない。

だが、思い出そうとしても無くした記憶の部分だけが霧がかかったように霞んで、そこに誰も寄せ付けようとはしない、そんな感覚なのだ。

母親から記憶を取り戻せと急かされているように感じる時、いつも菜緒は心の中で叫んでいた。

「お母さん ちゃんとあたしを見てよ。今のあたしを見てよ」と・・・



それから数週間後、菜緒は退院して横浜の実家に帰った。

横須賀にある菜緒のアパートは、もしかしたら菜緒が記憶を取り戻し学校に復帰するようなことがあるかもしれないとずっと借りたままになっていたのだが、退院しても彼女の記憶が戻らなかったことで結局引き払うことになった。

もう少し不自由なく歩けるようになったら養護学校にアルバイトとして通うことになったのだが、記憶が戻っていない菜緒に一人暮らしをさせる訳にもいかず、こうするしかなかったのだ。

菜緒が実家に帰ってからも弘人は時々逢いに行ったり、時間が出来たときは二人で出掛けたりもしていた。

菜緒にとって弘人と過ごす時間はとても穏やかで心地が良かったが、時々彼が見せる昔を思い出して微笑む表情が、彼女を苦しめたりもしていた。

弘人は決して菜緒の前では昔話はしない。

でも彼女には分かってしまうのだ。彼が昔を思い出していることが・・・。

「菜緒 今日はどこ行きたい?」

弘人の問いかけに「今まで弘人くんと行った事ないところ」菜緒は冷たくそう答え「行ったことない所?・・・どこがいいなか?」もう一度問いかけてくる彼に「どこでもいいよ」と投げやりに答えた。

拗ねたように様子の菜緒に、自分の何がいけなかったのか分からず戸惑いを見せる弘人。

菜緒 何で怒ってんだろ?



退院して1ヶ月が過ぎ、菜緒がアルバイトとしてまた学校に行く日がやってきたが、正直菜緒は不安で仕方なかった。

今の自分に何が出来るんだろう。

生徒のことは勿論。仕事のことも全然覚えてなくて、ただ迷惑をかけるだけではないだろうか・・・。

そんな思いが彼女の胸を埋め尽くしていた。

菜緒は母親に学校まで車で送ってもらい松葉杖を突きながら門を入って行くと、彼女に気付いた数人の生徒が「月丘先生~!」そう言って走り寄ってきた。

もちろん菜緒に生徒たちの記憶はない。

「こんにちは」緊張した面持ちで挨拶をする菜緒。

「良かった。また先生が帰ってきてくれて。ずっと待ってたんだよ」

一人の生徒が話し始める。

「先生の話、みんなちゃんと聞いてるよ。あたし達のこと分からないんだよね?」

「うん。ごめんね」

「謝らなくてもいいよ。だってまた先生と仲良くなればいいだけじゃん」

女子生徒の明るい声でそういわれ、菜緒は今の自分の居場所がここにはあるように感じて少しほっとした。

「じゃあ一人ずつ自己紹介するから、憶えてね」

「あたしは中3の○○○○です。前は○○ちゃんって先生に呼ばれてたよ」

「俺は中2の○○○○。先生のクラスの生徒だったんだよ」

一人ずつ丁寧に彼女が憶えやすいように自己紹介を始める生徒たち。

心に生徒たちの優しい気持ちが流れ込み、菜緒は心の中から不安の欠片が少しずつ消えていくのを感じていた。

あたし頑張ってみる。この子達の気持ちにちゃんと応えたい。

初めからやり直そう。思い出せないなら憶えればいいんだ。

ちゃんとこの子達と向き合って、勉強していこう。

生徒たちの優しい気持ちと一緒に、菜緒の心に小さな光が差し込んできた。

その日の夜、菜緒はたった一言

「あたし仕事頑張ってみる。きっと大丈夫!」

それだけ書いたメールを弘人に送った。

そのメールを読み優しく笑みを漏らしながらも、時々見せる彼女の悲しそうな表情が弘人は気になっていた。


つづく・・・

スポンサーサイト



コメントは承認制です
内容によっては削除する事、承認しないこともありますのでご了承ください。
隠しコメントは受け付けていません。
Secret
(非公開コメント受付不可)

  • さちかめ
  • そうだよね
    周りは、ましてや優しい菜緒ママ達は言葉には出さなくても、思い出して欲しいって気持ちはあるから仕方ないよ。

    でも、菜緒の気持ちも分かるから辛いね。

    今の私を見て!


    学校に自分の居場所を見つけられて良かったね(*^_^*)


    弘人くん!頑張れ!!

    傍にいるって決めたんだよね!?
  • runa
  • 菜緒は周りに愛されるんですよね。
    意地悪がないから。
    裏も表もなく、変に相手を詮索したりせず素直に受け止める。
    それが、当たり前で、変なことを詮索するという事自体、菜緒には存在しないから、周りもありのままの菜緒を受け入れ愛してるんですよね。
    生徒達に温かく迎えられ、それまでの菜緒が伺えますね!!
    コメントに関するお願い
    コメントは承認制になっておりますので、承認後に掲載になります。
    内容によっては承認しない。削除する事もありますのでご了承ください。

    初めてコメントされる方は、必ず簡単な自己紹介と「はじめて」だと言うことをお知らせください。
    申し訳ないのですが、分からないこともあるので。

    あとギャル文字は解読不可能なのでご遠慮いただきたいです。
    ホントに読めないんです。ごめんなさい。

    諸事情で隠しコメントは受け付けていませんし、コメレスもしていません。

    ごめんなさい


    ひらり
    プロフィール

       hirari

    Author:   hirari
    中1の男の子、小3の女の子の母です。

    亀ちゃんが好きすぎて息子に呆れられ、旦那に「うざい」と言われたちょっとアホな30代です。

    仁亀萌えしておりまして、腐った発言多々あります(笑)。

    今後もKAT-TUNと仁、両方を応援していきますのでよろしく!



    ひと恋の弘人で亀堕しました。

    めっちゃ長い「ひと恋」感想、小説「さがしもの ~弘人と菜緒~」など書いてますので、良かったら読んでやってくだパイ。


    ** メルマガ発行中 **


      
    ジャニーズブログランキング


    ポチッとよろしく! (^_-)-☆

    最近のコメント
    カレンダー
    07 | 2019/08 | 09
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    H19.4.29に始めました
    カテゴリー一覧表
    遊びに来た人
    訪問してくれてありがとう
    遊びに来てる人
    現在の閲覧者数:
    こんなのやってます!
    お知らせ
    「LOST MY WAY」
    ~果たされた約束~

    魂での亀ソロを見て頭の中に浮かんで来たストーリーを小説にしてみました。

    切なくて甘いお話です。

    良かったら読んでみてください。


    -- E N D --
    .
    .
    オリジナル小説
    趣味で始めた小説
    まだまだ下手くそですが、少しづつ書き続けていくので良かったら読んでください。

    「さがしもの 弘人と菜緒」
    ≪ 全25話+特別編 ≫

    「あなたの笑顔 わたしの涙」
    ≪ 全58話+番外編 ≫

    「LOST MY WAY」
    ≪ 全34話 ≫

      携帯小説
    「声を聞かせて…Ⅰ、Ⅱ」 


     ≪携帯小説の感想はこちらに≫
    秘密の小部屋(裏小説)
    会員限定のお話しです。
    パスワードがないと閲覧できないよ!
     
      「秘密の小部屋入り口」

    ただいま新しい住人様の受付はお断りさせていただきます。
    詩の保管庫
    私が日々の生活の中で感じたり, 亀ちゃんの事を思ったりして, 書いた詩です

    ☆☆亀ちゃん☆☆
     「 幸せですか? 」
     「 夢の中で・・・ 」
     「 傷つかないでね 」
     「 私の隣・・・ 」
     「 きっと 」
     「 あなたの心 」
     「 言葉 」
     「 何もいらない 」
     「 遠い人 」
     「 寂しいね 」
     「 あなたの愛を 」
     「 あなたじゃなきゃ 」
     「 青空 」
     「 好きだから 」
     「 心の中 」
     「 嫌いになりたい 」
     「 会いに行くよ 」
     「 無題 」
     「 ジレンマ 」

    ☆☆家族☆☆
     「 11年目のラブレター 」
     「 子供の瞳 」
     「 かわいい恋人へ 」

    ☆☆その他☆☆
     「 泣かないで 」
     「 不思議な友達 」
     「 幸せだね 」

    大事なお友達
    ご紹介
    hirariの木
    検索ぷらす